長岡瞽女(ごぜ)・蔵開き門付け

瞽女(ごぜ)さんを知っていますか?

「瞽女は、「盲御前」という敬称に由来する日本の女性の盲人芸能者。近世までにはほぼ全国的に活躍し、20世紀には新潟県を中心に北陸地方などを転々としながら三味線、ときには胡弓を弾き唄い、門付巡業を主として生業とした旅芸人である。(ウィキペディアより)」

本日は、江戸時代から長岡に伝わる「蔵開き門付け」という行事の出発式をナカドマで開催しました。

長岡の街には江戸時代より商家が軒を並べ、蔵を持つ家が多いのだそうです。正月1/11はその蔵開きをする日で、長岡に住む瞽女(ごぜ)さんが2~3人連れだって蔵を廻り祝い唄を歌って商売繁盛を願うのだそうです。

 

長岡に伝わる文化を知ってほしいと瞽女唄ネットワークの方が話をされて大手通へ出発していきました。(U)

ページの先頭へ