2020.08.16  アオーレ日記

市のお魚 ≪錦鯉≫

アオーレの東棟には錦鯉の水槽があります。

銀行の前に設置され、建物の中・外どちらからも見ていただけます。大きい水槽は、ちょっぴり水族館に行った気分になれます。

美しく、豪華に、優雅に泳ぐ錦鯉をしばらく眺めていると、いつの間にかお殿様気分にもなれます。

 

江戸時代、山古志地域を中心に、食用として飼われていた真鯉から、突然変異で色のついたものが生まれたのが錦鯉のはじまりと言われています。

そこから200年以上、研究や改良により、現在では100種を超える品種ができました。

今では、世界でも注目され、生産の約8割が世界へ輸出されているとのことです。

 

錦鯉の姿をみて、癒されながら、長岡の誇る産業の伝承や発信をしていきたいなと考えました。

 

ナベ

 

 

ページの先頭へ